名古屋市内の由緒ある神社での結婚式。衣装・着付・サポート付きで憧れの和装婚を叶えます。

「和婚」のススメ

和の結婚式は、神社、お寺はもちろん、ホテル、式場など色々なスタイルがあります。
こちらでは、代表的な和婚スタイル「神社結婚式」の魅力についてご紹介します。

神前式は、お二人だけでなく両家の縁を結んでくれる形の式です

写真の説明を入れます
「神前式」は、結婚を祖先の神々に報告し、誓う儀式。
ふたりの親族同士が結びつくという考え方から、家族・親族のみで、小規模に行うのが基本です。
婚礼衣装である「白無垢」にも、白い衣装には身を清めるという意味があるだけでなく、
純白の着物に身を包み嫁ぐことで「あなたの家に染まります」という意味があると言われています。

二人が出会えたのはそれぞれの家族あってこそ。家族やご先祖に、感謝の気持ちを表現したい。
神前式は、そんなお二人に特におすすめです。

儀式を通して、より夫婦の絆を深めることができます

写真の説明を入れます
例えば、新郎新婦が小中大3つの盃で交互にお神酒を飲み交わす「三々九度(さんさんくど)」。
この儀式には、先祖への感謝、これから夫婦として一生苦楽を共にするという誓い、
そして一家の安泰と子孫繁栄の願いが込められていると言われています。
また「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」には、玉串に自分の心、夫婦円満の願いをのせ、
神にささげるという意味がこめられています。

それぞれの儀式は、新郎新婦ふたりで行うことが多いのが神前式の特徴。
「これから二人で新しい人生を歩んでいく」という想いで満たされていくことでしょう。

家族・ご親戚はもちろん、周りの方も幸せな気持ちに

写真の説明を入れます
和装婚礼衣装に対して「以前見た花嫁さんが素敵で、憧れだった!」という声は多いです。
神前式は、基本的には親族のみで執り行うのですが、
新郎新婦と参列者が一列になって神殿へと向かう「花嫁行列」など
他の参拝者の目に触れる機会もあり、その美しい姿は周りの方を幸せな気持ちにしてくれます。
温かい祝福がいっぱいの境内、お二人はもちろん、ご両親や親戚の方もまた嬉しいひとときでしょうね。

神社はこの先も、長く家族の思い出の場所になります

写真の説明を入れます
神社は、幾度も気軽に訪れることができる「簡単にはなくならない場所」というのがあります。
このサイトでご紹介しているお勧めの神社も、
100年以上、中には1000年以上、この土地で親しまれてきたところばかりです。

挙式後も、毎年の初詣に。そしてお子さんが生まれたらお宮参りや七五三に。受験の合格祈願に。
他の方の挙式を見かけることができた日には、ご自身たちの幸せな挙式を思い出すこともできるでしょう。
神前挙式を機に、ご家族の思い出を幾重にも重ねていっていただければ幸いです。

↑ PAGE TOP